STAFF BLOG

スタッフブログ
HK協会より

ハウスキーピング協会から 13

2018.02.28

この「ストーリー」と「メモリー」は、語りつくせないほどの事例があります。まるで人間関係に瓜二つが無いように、ストーリーと人間の関係は、同じものがありません。ただ、傾向(パーターンとも言える)があるのは事実です。人間に性格があるように、モノに対してもその人の傾向が表れ、これには共通性を見ることがしばしばあります。

 

 

一つの事例として、モノが人の手に渡る前から持っているストーリーに弱いという傾向の人がいます。ブランド志向などはその典型的な事例と言えます。ブランド品はいいものだというストーリーを買う訳です。ですからブランドショップ自体が地代のとんでもなく高い場所に作られその価値を高めています。なので海外旅行に行くと値段の安さで時として偽物をつかんでしまうこともあります。

 

またそのモノが持っている歴史や希少価値のようなものに惹かれる場合もあります。モノも制作者の意図が反映した本来の機能だけではなく、様々な洋服をまとっていくようなものです。いい意味で化けると言ってもよいでしょう。(つづく)

お電話でのお問い合わせ

0120-339-332

【月〜金】9:00〜18:00

ご不明な点がございましたら
お気軽にお電話にてお問い合わせください。

Webからお問い合わせ

お仕事説明会へのご参加及び採用のご応募は
フォームにて24時間受け付けてます。

FAQ
よくある質問はこちら

お仕事内容や採用について
よくある疑問や質問をまとめました。

家事代行のミニメイド・サービス|採用情報サイト・会社ロゴ

ミニメイド・サービス株式会社 〒151-0064 東京都渋谷区上原3-5-2 mビル TEL:0120-339-332

Copyright (c) Minimaid Serviece Inc. All Rights Reserved.